中古住宅のキッチンをシステムキッチンにリフォーム

わが家は6年前にマイホームを購入しました。新築住宅を建てるのは経済的に厳しかったので、中古の住宅を探し、今の家を見つけました。わが家には二人の子供たちがいるので、小学校の学区内で探した結果、値段的にも場所的にもちょうどよかった今の家に決定しました。当時、築20年の中古住宅でしたが、外装や一部の内装はリフォームされていたので、築20年にしてはきれいな家だな~という印象でした。でも購入して実際に住むにあたっては、やはり水周りのリフォームはしたいということになり、キッチン、トイレ、お風呂、洗面台は新しいものにしました。中でもキッチンはシステムキッチンにし、色も明るいクリームイエローにしてこだわりました。システムキッチンは、なんといっても収納面が素晴らしく、本当に快適な使い心地です。大きな鍋やフライパンなどもしっかり収納できるので、キッチン周りがとてもスッキリしました。

母の日の贈り物はシステムキッチンへのリフォーム

このあいだ実家のキッチンをシステムキッチンにリフォームしました。実は、これは母の日のプレゼントに、わたしと弟でお金を出し合って贈ったプレゼントでした。いつもの母の日はお花やバッグなど、1万円くらいのものを選んでいたのですが、実家が古くなってきてそろそろリフォームの必要性を感じていたので、弟と去年くらいから相談して今回のプレゼントに至りました。母と父はすごく驚いていました。お金の心配もしていたけれど、今までたくさんお世話になってきたので、ここは全額子ども達からプレゼントしたいと、二人で頑張りました。他にもリフォームしたい部分はあるけれど、まずは母の日だしキッチンからだよね、ということでキッチンをシステムキッチンへ新しくしました。母はものすごく喜んでいたので、本当によいプレゼントになったな~とおもいます。

システムキッチンのリフォームは予算より創意工夫

システムキッチンのリフォームを考える際、第一に大切なのは広さと予算です。平均的に必要とされる予算としては、150万円前後と考えてください。費用によってはプチリフォームという形で30万円以内で済む場合があります。この場合、ちょっとした部分の交換だけと考える人も少なくありません。しかし、リサイクルショップなどで販売されているシステムキッチンを取り付ける費用を一切考えて、この価格になる場合もあります。どんな予算でどれくらいのものがほしいのか、どんな結果を求めているのかで、出かける店が変わります。中古でもいいから質の言いやすいものを求めるという場合はリサイクルショップを、メーカーの信頼できて長持ちできるものがいい場合はメーカーのショールームに出かけることで、流し台交換やシステムキッチンへの価格が大きく変わることを覚えておいてください。